So-net無料ブログ作成
検索選択

いらっしゃーい [本]


イン・ザ・プール (文春文庫)

イン・ザ・プール (文春文庫)




空中ブランコ (文春文庫)

空中ブランコ (文春文庫)

  • 作者: 奥田 英朗
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/01/10
  • メディア: 文庫



町長選挙 (文春文庫)

町長選挙 (文春文庫)

  • 作者: 奥田 英朗
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/03/10
  • メディア: 文庫


一気に3冊ご紹介。

伊良部総合病院の地下にある神経科の扉をノックすると、
「いらっしゃーい」と病院らしからぬ甲高い声で出迎えられる。
そこには、おデブで意味不明な精神科医の伊良部一郎と
無愛想で太もも胸元がセクシーな看護士のマユミ。

この物語には、訳アリの患者が伊良部の元に治療にくるのだが、治療らしい治療は注射のみ。
(これも単に伊良部が注射好きだから。笑)
こんな医者がいてたまるか!と思いつつも、なんだかばかばかしくなって、
病気のことなんて忘れちゃいそう。そんなストーリー。
患者ごとに読み切りになっていて、思わずプッと吹き出しそうになる所や、ホロリとする場面も。

「町長選挙」はその時に話題にあがった有名人がモデルのようです。

個人的に「イン・ザ・プール」が直木賞受賞の「空中ブランコ」よりも面白く読めました。
最初に読んだということもありますど。
この2作はテンポも似ていて気楽に読めますね。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

こしたま

「イン・ザ・プール」と「空中ブランコ」は読んだことあります^^

はちゃめちゃなんですけど、結果それが良い方向に向かって行くんですよね♪

まさに、病は気からだなぁって思った記憶があります。
by こしたま (2013-05-27 23:00) 

taca

◆こしたまさん
自分の想像を絶する出来事が起こると、自分の身に起こっていることを忘れて、
気づいたらどうでも良くなってた!みたいな雰囲気ですよね。

それにしても、こしたまさんは色々な本を読んでらっしゃいますね(^o^)b

by taca (2013-05-29 00:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。